非対面・非接触

2020年5月14日、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会、日本旅館協会、全日本シティホテル連盟は「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン」を発表した。コロナと共に生きていく時代の旅館・ホテルにおける具体的な感染防止対策を示したものだ。


飛沫感染を防止する観点では、できうる限り対面になる機会を少なくする必要があるとしており、例えばチェックインについては、フロントでの対面ではなく客室にて行うことが望ましいとしていたり、従業員からの料理説明は口頭ではなくメモに変更することを求めている。


また、接触感染を防止する観点では、極力不特定多数が接触する物を減らすことが重要になる為、フロントでの筆記による記帳をオンライン化したり、部屋鍵をモバイル端末によるキーレスシステムに代替すること等を掲げている。まさに、非対面、非接触がコロナ時代のスタンダードになっていくということだろう。


スマホをかざすだけでチェックインができ、スマホがルームキー代わりとなって部屋の開錠、施錠ができ、チェックアウトの支払も電子マネー等で非接触で完了する。利用者にとっては感染対策以上に便利なシステムであろう。フロントに立ち寄らず荷物を持ったまま、すぐに部屋に直行でき外出もできることは、より便利だろうし、プライバシー保護という意味でも良いかもしれない。何か聞きたいことがあれば、部屋についてから電話でじっくり聞いた方が同行者も都合がいい。受入側の施設にとっても「フロントレス」という新しい形態が人手不足問題の解消に大いに貢献できる可能性もある。



かつて会社の窓口には受付嬢をよく見かけたが、今は電話やタブレットに置き換わっているように、旅館やホテルでさえもフロントが無人化していくことが当たり前となることもそう遠くはないのかもしれない

最新記事

某旅行メディア編集者と懇談した時に思ったことです。 宿泊業や観光業をコロナ禍から立ち直らせる為には、Gotoトラベルのような集客支援策や訪日客観光客の入国制限の段階的解除がいろいろ議論されております。各宿泊施設レベルでもどうやって集客するかが大きな課題として論じられています。 一方で、お客様の需要が復活した時に、果たしてちゃんとサービスができるのかという供給サイドの議論はあまりなされておりません。

私なりの見方です。 「伝えること」は、電話やメールやSNSなどを通じて、相手に一方的に情報を発信することで、必ずしも相手側がその情報を確認しているわけではありません。伝えたきりで相手に届いていないこともあります。 「理解してもらうこと」は、伝えたことを相手が確認し、その内容について認識を深め、一定の同意を得ることをいいます。 「頭に入れてもらうこと」は、理解を示してもらった内容について、相手側がそ

宿泊施設予約センターミナモは2020年11月1日でちょうど1周年となる。コロナ禍でも従前からの契約先宿泊施設様からの継続的な信頼関係のもと、ここまでやってこれた。感謝感謝である。お陰様で弊社コミュニケーターもありとあらゆる宿泊施設のタイプを経験し、コロナによる施設の休業、感染症対策のご案内、右往左往するGotoトラベル対応など、従来とは違う新たな予約業務にも十分対応できるスキルを身に付け始めている

お問い合わせ・資料請求

(年中無休|8時〜23時)