top of page

非対面・非接触

2020年5月14日、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会、日本旅館協会、全日本シティホテル連盟は「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン」を発表した。コロナと共に生きていく時代の旅館・ホテルにおける具体的な感染防止対策を示したものだ。


飛沫感染を防止する観点では、できうる限り対面になる機会を少なくする必要があるとしており、例えばチェックインについては、フロントでの対面ではなく客室にて行うことが望ましいとしていたり、従業員からの料理説明は口頭ではなくメモに変更することを求めている。


また、接触感染を防止する観点では、極力不特定多数が接触する物を減らすことが重要になる為、フロントでの筆記による記帳をオンライン化したり、部屋鍵をモバイル端末によるキーレスシステムに代替すること等を掲げている。まさに、非対面、非接触がコロナ時代のスタンダードになっていくということだろう。


スマホをかざすだけでチェックインができ、スマホがルームキー代わりとなって部屋の開錠、施錠ができ、チェックアウトの支払も電子マネー等で非接触で完了する。利用者にとっては感染対策以上に便利なシステムであろう。フロントに立ち寄らず荷物を持ったまま、すぐに部屋に直行でき外出もできることは、より便利だろうし、プライバシー保護という意味でも良いかもしれない。何か聞きたいことがあれば、部屋についてから電話でじっくり聞いた方が同行者も都合がいい。受入側の施設にとっても「フロントレス」という新しい形態が人手不足問題の解消に大いに貢献できる可能性もある。



かつて会社の窓口には受付嬢をよく見かけたが、今は電話やタブレットに置き換わっているように、旅館やホテルでさえもフロントが無人化していくことが当たり前となることもそう遠くはないのかもしれない

最新記事

国民の祝日があるので忙しくなる国民

国民の祝日とは、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために定められた「国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日」と法律に記されている。いわゆるお正月やGWなどの祝日があたるわけだが、国民であってもその日は忙しく働く人々がいる。そう、飲食店、小売店、交通機関、宿泊施設などサービス業に携わる人々である。 国民の祝日を休日にできる国民が、旅行、買い物、外食を行う機会を捉え、国民

DX化は「やりがい」を蝕むか?

ペーパーレス、非対面化、自動化など社内外で生産性を向上させるべくDX化を進めようと思う企業はたくさんある。中小企業でも、従業員向けの給与計算、明細発行、支払も全てオンライン、ペーパーレス、ネット振込で完結するケースは少なくないはず。当社もご多分に漏れず、従業員の給与についてはかなりDX化を進めている。給与計算が完了すれば、従業員はオンラインで給与明細を発行でき、給料日には自動的にネットバンク経由で

Comments


お問い合わせ・資料請求

(年中無休|8時〜23時)

bottom of page