マーケティングとオペレーション、宿泊施設を運営する上での2つの視点

某旅行メディア編集者と懇談した時に思ったことです。

宿泊業や観光業をコロナ禍から立ち直らせる為には、Gotoトラベルのような集客支援策や訪日客観光客の入国制限の段階的解除がいろいろ議論されております。各宿泊施設レベルでもどうやって集客するかが大きな課題として論じられています。


一方で、お客様の需要が復活した時に、果たしてちゃんとサービスができるのかという供給サイドの議論はあまりなされておりません。宿泊施設の経営者であれば漠とした懸念があるはずですが、集客ができなければそもそもサービス体制を考える意味がないし、集客できればお客様が来ているんだから後は現場でうまくやって、といった声が多く聞こえてきます。各種キャンペーンの適用可否の確認で鳴り止まない電話、ここぞとばかりの多数の特殊プラン展開で戸惑う現場対応、一旦ミニマイズした従業員で溢れかえるお客様の食事や清掃サービスができるのか?


需要が増えるのであれば、当然供給も増やさなければならない。人手不足の日本でより頭を働かせなければならないのは供給サイドの問題だと思うのです。もちろん需要サイドは大事です。色々な手法が論じられています。供給サイドの解決策についてはあまりにも現場任せになっており、今までのやり方で頑張り、新しいやり方をあまり考えていない領域のような気がするのです。

最新記事

私なりの見方です。 「伝えること」は、電話やメールやSNSなどを通じて、相手に一方的に情報を発信することで、必ずしも相手側がその情報を確認しているわけではありません。伝えたきりで相手に届いていないこともあります。 「理解してもらうこと」は、伝えたことを相手が確認し、その内容について認識を深め、一定の同意を得ることをいいます。 「頭に入れてもらうこと」は、理解を示してもらった内容について、相手側がそ

宿泊施設予約センターミナモは2020年11月1日でちょうど1周年となる。コロナ禍でも従前からの契約先宿泊施設様からの継続的な信頼関係のもと、ここまでやってこれた。感謝感謝である。お陰様で弊社コミュニケーターもありとあらゆる宿泊施設のタイプを経験し、コロナによる施設の休業、感染症対策のご案内、右往左往するGotoトラベル対応など、従来とは違う新たな予約業務にも十分対応できるスキルを身に付け始めている

7月3日現在、今は第1波の真っ只中にいる。第1波といっても、ここで申し上げるのは宿泊施設への予約急増の第1波だ。緊急事態宣言の解除、休業申請の解除、県境を超える制限の解除と行動制限が徐々に緩和される中で、大都市から車で2-3時間の距離にある観光地の旅館・ホテル等は自粛反動とも言える国内客の予約が殺到している。宿泊施設も6月上旬頃から徐々に営業を再開しており、高級ホテルや高級旅館から予約が集中し、ほ

お問い合わせ・資料請求

(年中無休|8時〜23時)